当ブログへお越し下さいまして、ありがとうございます。 当ブログでは、「サプリショップ ハービックス」が発行いたしましたメールマガジン「延ばせ健康寿命!プロが教えるマル秘健康情報」をご覧いただけます。


【ハービックス】の会員様限定のメルマガをご購読希望の方は、コチラよりお申込み下さいませ。
 【ハービックス】 メールマガジン 「延ばせ健康寿命!プロが教えるマル秘健康情報」 購読申込

2017年12月08日

忘年会シーズン!カロリー制限に●●!

忘年会シーズン到来!脂質制限にキトサンはいかが?

12月も中頃に近づき、忘年会などで、
外食の機会が増えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、食べ過ぎによる
カロリーオーバーを抑えると言われている、
成分を一つご紹介致します。

その成分は、 「キチンキトサン」です。

キチンキトサンとは、
・イカの中骨(背骨にあたる部分)
・カニやエビの甲羅
などに多く含まれている動物性の食物繊維で、
食品に含まれる脂質を吸着し、
排出すると言われている成分です。

忘年会で、お鍋の具材として、
イカやカニなどを食べる機会はあっても、
イカの中骨やカニの甲羅などを食べる事は、
まず無いと思います。

時節柄、外食が連続する事もあると思います。
外食時は、どうしても食べ過ぎ、飲み過ぎになる事が、
多いのではないでしょうか。

カロリーを抑えるためにも、
そして、お元気に年末年始をお過ごしいただくために、
サプリメントの素材として広く使用されている、
キチンキトサンをご検討されてはいかがでしょうか。

店長の独り言  「キラキラ その2」

先日、自宅の最寄り駅側の公園で、
イルミネーションの点灯式があったそうです。

小さな公園ではありますが、
工夫されたイルミネーションは、
帰宅時のちょっとした憩の空間です。

また、ゆっくりと時間があれば、
子供達とイルミネーションを楽しみたいと思います。

ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 14:10| 奈良 ☔| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

知ってる?●●痛も、腸内環境改善が重要

寒くと辛い関節痛は、腸内環境で改善する!?

12月になり、朝夕と昼の寒暖の差が強くなり、 冬を実感するようになりました。

寒くなってくると、膝や手指などの関節が痛くなる方も、 おられるのではないでしょうか。
最近の研究では、
腸内細菌のうち、悪玉菌(大腸菌など)が優位の場合、
リウマチを発症するリスクが高くなるようです。

また、リウマチ患者さんの腸内細菌のバランスが、
健康な方と腸内細菌のバランスと大きく異なっている事が、
ヨーロッパの医学会などでも発表されています。

これらの事からも、 最近では、リウマチなどの関節痛に対しても、
・腸内悪玉菌を減らす
・腸内善玉菌を増やす
など、腸内環境の改善が良いと考えられています。

腸内環境の改善で真っ先に思い浮かぶのが、
ヨーグルトなどの乳酸菌食品だと思いますが、
最近では、魚などに多く含まれている オメガ3系脂肪酸のDHAなども
腸内環境の改善に良いとして注目されています。

ヨーロッパの中高年女性876人を対象に調査したところ、
DHAなどのオメガ3系脂肪酸の摂取量が多い人ほど、
腸内の善玉菌が多く、種類も豊富だったと報告されています。

腸内環境改善に乳酸菌を、
サプリメントやヨーグルトなどからとっているのなら、

オメガ3系脂肪酸も合わせてとられてはいかがでしょうか。


店長の独り言  「キラキラ」

12月になり、夕暮れになると町のアチコチが、
キラキラとイルミネーションが輝いています。

ショッピングモールも、 クリスマス用の商品などがあり、
クリスマスムードでいっぱいです。

あっと言う間に、月日が過ぎてしまいそうではありますが、
毎日を大切にしたいと思います。

ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 13:34| 奈良 ☁| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

本当!?●●の機能が日本人は弱い?

日本人は、欧米人に比べ、腎機能が弱い?

突然ですが、今最も医学会などから、 注目されている人体の臓器は何だと思いますか?
それは、腎臓です。

腎臓は、寿命を決定するといっても過言ではないとして、
世界中の科学者や医療関係者が、注目している臓器です。

腎臓は、
・血液中の老廃物の除去
・血圧の調整
・体液、イオンバランスの調整
など、血液などを管理する臓器として、 日夜働いてくれています。

その腎臓ですが、
近年の研究で、 老廃物をろ過して尿を作り出す組織「ネフロン」の数が、
欧米人に比べ、少ない事がわかりました。

原因としては、
・日本人の体格と腎臓が欧米人に比べ小さい
・塩分の過剰摂取
などが考えれられています。

腎臓は、西洋医学のみならず、
東洋医学でも「生命の源」を司る臓器として、 重要視されています。
東洋医学で、腎臓を元気にさせる食品として、
・黒ゴマ
・黒豆
などの黒い食品や、
身体を温める作用のある
・牛肉
・にら
・ショウガ
などが良いとされています。

ある程度の減塩も必要とは思いますが、
東洋医学で推奨されている、身体を温めるショウガなどで、
腎臓も温めて、元気に毎日をお過ごしいただければと存じます。


店長の独り言  「星空」

12月まであと1週間ほどになり、
日暮れもどんどんと早くなってきましたね。

帰路の際、空を見上げて、 月と星をぼんやりと眺めます。
ぼんやりと夜空を眺めていると、 気分転換になります。

いつか、満点の星空を見に行きたいなと思います。

ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 11:26| 奈良 ☀| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

本当!?血圧には、●●成分がオススメ!

血圧上昇には、渋み成分=ポリフェノールがオススメ!

先週のメルマガでは、
寒暖の差で、血圧が上昇する状態=ヒートショックに関して、
ご紹介させていただきました。

今回は、寒さのために血管が収縮する=血圧上昇に良いと言われている、
身近にある栄養素をご紹介致します。 その栄養素とは、ポリフェノールです。

ポリフェノールは、 ほとんどの植物に含まれている色素や渋みの成分で、
ワインや緑茶、リンゴやカキなどの果物、
また、チョコレートなど、多くの食品に含まれています。

ポリフェノールは、
・抗酸化作用
・血管拡張作用
・血行促進
など、血圧の上昇を抑えてくれる、
冬場には頼もしい作用がたくさんあります。

これからの季節、ポリフェノールを摂取するのなら、
12月頃から旬を迎える「みかん」がオススメです。

「みかん」は、ポリフェノールの他に、
・糖尿病予防
・骨粗しょう症予防
などに良いとして注目されている 「βクリプトキサンチン」も含んでいます。

しかし、ポリフェノールは一般的に、
分子量が大きく、吸収が悪いと言われています。

手軽に食品に比べ多く摂取できる、
サプリメントの併用をお勧め致します。

血圧上昇の抑制に、 寒暖の差を小さくすると共に、
ポリフェノールのサプリメントと食品を積極的に摂取して、
毎日の生活習慣に、予防策を上手く取り入れてみてはいかがでしょうか。


 店長の独り言  「空気の冷たさ」 

毎朝寒いので、コートを着るようになりました。
空気もヒンヤリとして、冬に向かっているなと感じる、 朝が増えてきました。

朝の通勤でも、少しずつコートの方も増えてきています。
本格的な冬が来る前に、
紅葉や、先日いただいた本などで、
残りわずかな秋を楽しみたいと思います。

ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 13:19| 奈良 ☀| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

要注意!●●を急上昇させる寒暖の差!

寒暖の差=ヒートショックが血圧を急上昇させる!

 11月7日は、立冬でしたね。
日没も早く、昼夜の寒暖の差など、冬の始まりを感じます。
昼夜の寒暖の差のせいか、
体調不良を覚えるケースも多いそうですので、ご注意下さいませ。

実は、今頃から春先まで、
寒暖の差で、血圧が急上昇する状態、 ヒートショックが多く発生します。

特に、気温が低い12月や1月は、気温の高い8月に比べると、
11倍もヒートショックになってします方が急増するそうです。

ヒートショックの予防方法としては、
・脱衣場や、トイレなどに暖房器具を置く
・シャワーで浴槽にお湯をため、浴室を温める
など、寒暖の差を減らす工夫が大切です。

たとえば、部屋と廊下の寒暖の差。
廊下への扉をあけておけば、 寒暖の差は、小さくなります。

また、僕自身のヒートショック対策は、室内での薄着です。
温かい部屋にいる時は、長袖の上下だけ。

廊下やトイレに行く際は、一枚上に羽織るなど、
出来る限り、寒暖の差が小さくなるようにしています。

寒くなるとともに、
ウキウキするようなイベント盛りだくさんの冬が到来します。

楽しくお過ごしいただけるように、
ヒートショックの予防として、
寒暖の差が大きい場所の対策をお考えになってはいかがでしょうか。 


店長の独り言  「古本市」
先日の文化の日は、
天候にも恵まれ、無事に、
親善サッカー大会に参加させていただき、
子供達と楽しくプレーさせていただきました。

翌日は、図書館の廃棄本の無料配布がありましたので、
参加して、色々といただいてきました。

普段、読まないジャンルの本などもいただいたので、
楽しく読もうと思います。

ハービックス」店長の岩屋でした。

posted by ハービックス at 11:53| 奈良 ☀| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

昔は年齢+90が基準値だった●とは?

血圧も、昔は年齢+90が基準値だった!?

先日、健康番組で、「血圧サージ」が紹介されていました。
「サージ」とは、「波」とか「急上昇」といったで、
血圧が、波のように上昇下降を繰り返す事を意味するそうです。

血圧が激しく上下する事で、
血管が傷つき、 脳卒中や脳梗塞の原因となるため、
注意が必要とされています。

予防としては、焦らず、急がず、
ゆったりとして気持ちで、 行動するのが良いそうです。

さて、血圧ですが、
今でこそ、20代以上の男女問わず、
基準値が140(収縮期血圧)、と90(拡張期血圧)が、
正常域血圧と言われています。

しかし、1960年代後半では、
健常者の血圧として、「日本人の年齢別平均血圧」が、
血圧の診断方法のひとつとして、主流だったそうです。

その「日本人の年齢別平均血圧」は、
「最高血圧=年齢+90」が近似値とされていました。

ご年齢が同じでも、性別、体質、体格、
また食べ物も環境も違えば、血圧も違ってくると思います。

僕自身は、40歳です。
献血の時などに測ると、130後半で少し高い程度です。
万人に対して対処できる、
今の血圧の基準値よりも、 年齢+90の血圧の方が、
遺伝子治療など個人を対象にした、
テーラーメイド医療の観点から見れば、適しているような気がします。

店長の独り言  「サッカー」 

11月3日、文化の日ではありますが、
地域で親善サッカー大会があるので、参加させていただきます。

子供と一緒に参加者として、
また、ライン引きなどのスタッフとしても、 楽しみたいと思います。

お天気も曇りが予報なので 久しぶりのスポーツの秋を楽しみたいと思います。

ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 13:47| 奈良 ☀| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

●丸ごと食べると超善玉ホルモンが増加!

超善玉ホルモン
「アディポネクチン」が魚を食べると増える!

魚に含まれるDHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸は、
身体に良い作用がたくさんあると言われています。

そのたくさんある作用のうち、 生活習慣病などの改善に良いとされる、
超善玉ホルモン「アディポネクチン」に関する
意外な結果となった実験をご紹介致します。

実験では、 魚を食べるグループと、
魚油サプリメントを食べるグループに分けて比較されました。
結果、魚を食べたグループは、アディポネクチンが増え、
魚油サプリメントグループは、アディポネクチンが減ったそうです。

この実験結果から、魚が本来持っている
ビタミンの有無が関係しているのではないかと、
DHAやEPA、DPAなどを抽出する新しい方法
「ハイブリッド製法」考案者は推測しました。

魚は、オメガ3系脂肪酸の他に、
脂溶性ビタミンなどをその体に蓄えています。

魚の油を原料としたサプリメントは、
魚に高温を加え、抽出する方法が一般的です。
高温を加える為に、魚本来のビタミン類が破壊されていると考えられます。

しかし、「ハイブリッド製法」は、
低温と真空と特殊な方法で魚から抽出する事で、
魚のDHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸はもちろん、
脂溶性ビタミンも壊さずに抽出する方法として、注目を集めています。

魚本来のオメガ3系脂肪酸に加え、
脂溶性ビタミンも、魚本来が持っているバランスで含まれている、
「ハイブリッド製法」で作られて魚油は、
魚自体を食べる事に近いと考えられるのではないでしょうか。

毎日、魚を食べるのは、
健康に良い事とわかっていても、なかなか食べられない。

それなら、魚の変わりに「ハイブリッド製法」の
魚油サプリメントを召し上がってはいかがでしょうか?


店長の独り言  「秋雨」

ここ最近、カラッと「秋晴れ」が少ない気がします。

曇っていたり、雨だったりと、 洗濯物が乾きにくい、お天気が続いています。

先日、参加予定だったソフトボール大会など、
スポーツの秋を楽しめる機会も、 残念ですが、中止でした。

今週末も雨模様。 スポーツの秋がなかなか楽しめないので、
読書の秋を楽しもうと図書館に子供達と行きたいと思います。

ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 12:00| 奈良 | Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

やっと見つけた!酸化しにくいDHA!

低温加熱のハイブリッド製法だから、
油が黒くならない!!

食欲の秋。
スーパーなどの食品売り場にも、
椎茸や舞茸などのキノコ類、 茄子やサツマイモなどの野菜類、
焼いても良し、天ぷらでも良し、
旬を迎えた美味しそうな食材が所狭しと並んでいますね。

調理後の油の処理が大変ではありますが、
揚げたての天ぷらは、美味しいですよね。

ご家庭で天ぷらを揚げる際、サラダ油などに高温を加え続けるので、
天ぷらを揚げ終わる頃には、油が茶色っぽく変色しているのを、
ご覧になられた事があると思います。

なぜ、茶色っぽくなるか?
それは、高温のために酸化しているからです。

最近、作用が見直されつつある、
魚由来のDHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸。

一般的な方法では、 これらのDHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸は、
魚から抽出する際に、高温を加え、抽出します。

その際、DHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸が含まれた魚の油はもちろん、
魚がもっているビタミン類も、高温のために、酸化すると考えられます。

そこで、酸化させずに 魚からDHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸はもちろん、
魚の脂溶性ビタミンも壊さずに抽出する新しい方法として考え出されたのが、
「ハイブリッド製法」です。


「ハイブリッド製法」は、真空と低温で抽出するために、
魚のDHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸を 抽出する方法です。

また「ハイブリッド製法」は、 魚由来の脂溶性ビタミンの含有はもちろん、
高温加熱をしないため、
「トランス脂肪酸」が含まれていない事が、 確認されています。

そんな優れた抽出法である「ハイブリッド製法」を用いられた
魚由来のDHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸サプリ
『ツナピュアン』を当店では取り扱っております。

魚が持っている栄養素である、
DHAやEPA、DPAなどのオメガ3系脂肪酸はもちろん、
脂溶性ビタミンも壊さずにギュッと凝縮した 「ハイブリッド製法」サプリメント
『ツナピュアン』をお試しになってはいかがでしょうか?



店長の独り言  「銀杏」 

身近な生きた化石と言えば、
今の時期、木の下に独特の臭いのある実が落ちている、
銀杏(ぎんなん)です。

恐竜よりも昔、三葉虫などが繁栄していた時代の地層から、
現代の銀杏の祖先と考えられる種類の葉の化石などが、
発見されているから、「生きた化石」と呼ばれているそうです。

僕が通っていた小学校の校門近くに、大きな銀杏の木がありました。
黄色く色づいた銀杏の葉を見ると、 秋と小学校時代を思い出します。

久しぶりに、小学校の卒業アルバムでも開いて、
小学校時代を思い出したいと思います。

「ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 14:06| 奈良 ☔| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

朗報!DHAサプリの●●が苦手な人に!

朗報! DHAサプリなのに、ほぼ無臭! 魚臭さが苦手な方に!

秋の味覚、サンマ。 魚焼きグリルで焼いた、焼きたてのサンマ。
秋の味覚を感じる、一品ではないでしょうか。

美味しく食べたら、後片付け。
その際、魚焼きグリルを洗い忘れた経験はありませんでしょうか。
翌日、思い出して、魚焼きグリルを見てみれば、
グリルの網や、底にこびり付いた、サンマの油。

嫌な臭いがするし、なかなか取れない。
洗い物が増えた事よりも、
その魚臭さが、嫌な方も多いのではないでしょうか。

あの魚臭さが苦手。
でも、DHAが体に良いのを知っているから、
サプリメントでDAHをカバーしようと、
DHAのサプリメント容器を開けた時、
DHAサプリを食べた後にゲップが出た時、
あの魚臭さを感じるので、 DHAサプリを中止した方も多いのではないでしょうか。

DHAサプリの容器を開けた時、 ゲップの時に、
魚臭さがしなければ、 DHAサプリを利用してみたいと思いませんか?

実は、当店では、 魚臭くないDHAサプリメントを取り扱っています。
それが『ツナピュアン』です。

『ツナピュアン』は、
魚由来のDHAやEPAの栄養素は、そのままに、
特殊な脱臭法により、魚臭さだけを大幅にカットしてあります。

魚臭くない、DHAサプリ『ツナピュアン』。
魚の臭いがイヤでDHAサプリを中止した方には、
是非、一度お試しいただきたいサプリメントです。


店長の独り言  「ソフトボール」

秋といえば、食欲、読書、スポーツですね。
今週、地域のソフトボール大会に参加させていただきます。

毎年、参加させていただき、 参加者の皆さんと楽しい時間をすごさせていただいています。

今年は、子供達も、見物に来てくれるそうなので、 スポーツのできる父親像を見せたいと思います。
怪我の無い様に、楽しく、 頑張りたいと思います。
ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 12:00| 奈良 ☁| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

本当?魚の●●が70%も無駄になる!?

旬のサンマ、焼くとDHAが約70%も無駄に!

10月に入り、朝夕が涼しくなり、
食品売場では、実りの秋を感じさせる旬の食材が並び始めましたね。

秋が旬の食材と言えば、 一番に思いつくのは、サンマでしょうか。
大根おろしで食べる油がのった、焼き立てのサンマ。 まさに、秋の味覚ではないでしょうか。

ちなみに、今年のサンマは、
例年に比べ、少し小ぶりなようですが、 油がのっていて、美味しいそうです。

さて、サンマの食べ方と言えば、丸焼きが一般的。
しかし、サンマをご家庭の魚焼きグリルで焼いた際、 下にポタポタと落ちる油。

実は、この油に、
・血液サラサラ
・認知機能の改善
などの働きがあるとされている、オメガ3系脂肪酸の
・DHA
・EPA
などが多く含まれています。

しかし、残念ながら、焼く事で、 なんと70%もDHAなどが失われると言われています。

秋が旬のサンマ。
焼く事で、味は一級品になるのですが、
DHAなどの成分を考えると焼くよりも、 加熱しない刺身が良いようです。

そこで、栄養面をカバーするために、
サプリメントで、DHAやEPAなどを補給してはいかがでしょうか。

焼いた旬のサンマを美味しくいただいて、お腹と心を満たした後は、
サプリメントなどでDHAを補い、 さらに身体を満たしてはいかがでしょうか。


店長の独り言  「サンマの思い出」 

旬の食材といえば、マツタケ、栗など色々ありますが、
私にとって、やはり秋と言えば、 今回ご紹介した、DHA等が豊富なサンマでしょうか。

小学生の頃、食事をしている際、 その日のサンマが美味しかった為でしょうが、
「やっぱりサンマは目黒が美味しいな」と、皆が笑っていました。

「サンマなのに、海が無い目黒産?」と 不思議に思ったので、
父や母に尋ね、落語の噺と聞き、 内容を聞き、おかしくて笑ったのを覚えています。

今でも、サンマを食べると、 「サンマは目黒に限る」で大笑いしていたのを思い出します。

ハービックス」店長の岩屋でした。
posted by ハービックス at 10:20| 奈良 ☁| Comment(0) | 2017年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする