当ブログへお越し下さいまして、ありがとうございます。 当ブログでは、「サプリショップ ハービックス」が発行いたしましたメールマガジン「延ばせ健康寿命!プロが教えるマル秘健康情報」をご覧いただけます。


【ハービックス】の会員様限定のメルマガをご購読希望の方は、コチラよりお申込み下さいませ。
 【ハービックス】 メールマガジン 「延ばせ健康寿命!プロが教えるマル秘健康情報」 購読申込

2008年02月08日

Vol.22 「家の中の寒暖の差」

☆★ 今日の健康メニュー 
    ◇ 1、家の中の寒暖の差
    ◇ 2、店長の独り言                    

◇ 1、家の中の寒暖の差

気温が低くなる冬は、ある病気を発症する方が多くなる季節です。

その病気とは、脳梗塞や、心筋梗塞などの『血栓症』です。


脳梗塞や、心筋梗塞などの『血栓症』が多く発症する原因は?

その原因のひとつに、「寒暖の差」が関係しているのをご存知でしたか?


そこで今回は、寒い外と暖かい家の中の寒暖の差ではなく、
家の中の寒暖の差」について、お話させていただきます。

気温が低くなると、身体は、血管を収縮させます。

これは、寒さによって、体温が下がるのを防ぐための、生体防御反応のひとつです。

そして、血管が収縮すると、血圧が高くなります。


また、寒い時期は、汗をかく機会が少ないので、
体内の塩分が汗として体外に排出されないので、体内の塩分濃度が高くなります。

血管の収縮+塩分の蓄積=血圧の上昇

という、状態が体内で起こっています。


家の中の暖かい場所、例えば暖房設備のあるリビングなどから、
家の中の寒い場所、例えば暖房設備の無いトイレや廊下などに移動すると、血圧は急上昇するといわれています。


寒い冬は、暖かいはずの家の中でも、
寒暖の差を身体が感じると、血圧は高くなります。

さらに、汗をかきにくい気候と、寒さによる血管の収縮などの条件が重なって、血圧が高くなる傾向にあります。


脳梗塞や心筋梗塞などの『血栓症』の発症を予防するためには、
廊下や脱衣所などに、小型のヒーターなどをおいてできるだけ、寒暖の差を少なくして下さい。

「家の中の寒暖の差」を少なくして、脳梗塞や心筋梗塞などの『血栓症』は当然の事ながら、風邪などにもならないように、お身体ご自愛下さいませ。


当メールマガジンは、今号が年内最終配信となります。

新年号は、新年1月12日の発行を予定しておりますので、新年も、ご覧下さいますよう、お願い致します。



◇ 2、、店長の独り言

一年が過ぎるのは、早いもので、もうすぐ2007年も終わろうとしています。

私が子供の頃は、大晦日とお正月といえば、一大イベントでしたが、皆さんは、いかがでしたか?

眠たい目をこすりながら普段は寝ている時間まで起きていて、家族で年越しソバを食べたり、親戚の方々からいただいた「お年玉」で何を買おうかと考えたり、お正月にしか食べない「お雑煮」や「数の子」などの料理を親戚皆が集まって、ワイワイと話しながらとても楽しく食べた事を昨日のように思い出します。

私のここ数年の年越しは、子供が寝てから、妻と二人で、新年を迎える瞬間に乾杯をする事です。

元旦は、妻と私の実家に新年の挨拶にお伺いし、家族皆で、美味しく食事をいただきます。

皆様は、どの様にして新年をお迎えになられますか?

さて、当メールマガジンは、今号が年内最終配信となります。

新年号は、新年1月12日の発行予定となっておりますので、新年も、ご覧下さいますよう、お願い致します。

皆様にとって、新年が幸多き年であります事を、心よりお祈り申し上げます。

良いお年をお迎え下さいませ。

「サプリ&アロマショップ ハービックス<
http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。

posted by ハービックス at 18:08| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

Vol.21 「水ぼうそう=子供の病気?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、水ぼうそう=子供の病気?
     ◇ 2、店長の独り言 


◇ 1、水ぼうそう=子供の病気?

12月から、1月にかけて流行する病気に、「水ぼうそう(水痘)」がありますが、子供だけがなってしまう病気と思っていませんか?


実は、「水ぼうそう」は、インフルエンザなどの感染性の病気と同じように、
子供だけがなる病気ではなく、大人もなってしまう病気です。


しかも、大人がなってしまうと、
子供に比べ、症状が重症化する事があるそうです。

「水ぼうそう」は、ヘルペスウイルスの一種に生まれて初めて感染した際に、発症する病気です。


昔は、4〜5歳の子供が発症するケースが多かったそうですが、
最近は、小さいときから保育園に通う子供が増えたようで、1〜2歳くらいの時に発症するケースが多くなっているそうです。

多くの方が、子供の頃に経験している病気ですが、実は、大人になるまで、「水ぼうそう」になっていない方も多く、約1割の方が、「水ぼうそう」の抗体をもっていないことがわかっています。


「水ぼうそう」は、この病気の原因であるヘルペスウイルスの一種に感染してから、
2週間前後すると、突然小さな赤いかゆみ発疹(ほっしん)が、最初に胸、背中、おなかなどにパラパラ出て、次第に全身に広がります。

その後、発疹は中心に水をもった水疱に変わり、乾燥すると黒いかさぶたになります。

発疹が出て3〜5日は、小さな赤い発疹と水疱、黒いかさぶたが混じります。

これが「水ぼうそう」の特徴です。


また、全身にできた発疹が、かさぶたになり治るまで約1週間程度かかります。

「水ぼうそう」は、子供の場合、上記のような経過をたどりますが、大人が「水ぼうそう」になると、肺炎や肝炎、脳炎などを合併することがあり、症状が重症化する恐れがあります。

では、「水ぼうそう」の対策は、どうするか?


それは、ワクチンの接種です。

ワクチンを接種したからと言って、絶対に「水ぼうそう」を防げるわけではありませんが、仮に、発症しても症状が軽くなるそうです。

また、一度「水ぼうそう」になった方の体内には、「水ぼうそう」のウイルスが、存在しています。

そのウイルスは、普段は、何も悪さをしませんが、身体の免疫力が低下してくると、「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」という、皮膚に帯状の水ぶくれができてしまう病気を発症してしまうこともあるので、要注意です。


子供の頃に、「水ぼうそう」を経験している方は、
大人になってから、免疫力の低下による「帯状疱疹」が発症しないように、免疫力を高めておきましょうね。


また、今までに「水ぼうそう」になった事の無い方は、
「水ぼうそう」ワクチンの接種をして、「水ぼうそう」が発症しても、症状が軽くなるようにしてください。



◇ 2、店長の独り言

もうすぐクリスマスですね。

皆さんは、毎年クリスマスをどの様に過ごされていますか?

私と同じように家族や友人とホームパーティーをしたり、恋人とどこかのイルミネーションを見にいかれたりと、十人十色のクリスマスの楽しみ方があると思います。

以前、当メルマガでクリスマスイルミネーションの飾りつけをされているご家庭が増えていると書いたのを覚えておいでですか?

私の家の近所でも、とても大掛かりなイルミネーションでキラキラと輝いているご家庭や、
イルミネーション自体は小さいですが、センス良く飾られているご家庭まで、思い思いの飾りつけをされていて、見ていてとても楽しい気分になります。

皆さんのご近所では、イルミネーションを飾られているご家庭はありますか?
もしあれば、そんなご家庭のイルミネーションを見てまわるのも、面白いと思いますよ。

「サプリ&アロマショップ ハービックス<
http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。


posted by ハービックス at 14:19| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

Vol.20 「それ捨てないで、乾燥させませんか?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
    ◇ 1、それ捨てないで、乾燥させませんか?
    ◇ 2、店長の独り言                           


◇ 1、それ捨てないで、乾燥させませんか?


寒くなってくると、外出が面倒になるので、コタツに入ってミカンを食べることに、小さな幸せを感じる方が多いと思いますが、あなたも、そんな事を感じる一人ではありませんか?


でも、食べてしまったミカンの皮を捨ててしまう前に、乾燥させて
薬湯の材料にしてみませんか?


ミカンの皮は、漢方薬の原料で『陳皮(チンピ)』と呼ばれ、
健胃・整腸・去痰・鎮咳・食欲不振・嘔吐・疼痛に良いとされ、漢方薬や多くの医薬品の原料として使われています。

また、スパイスとしても、七味唐辛子の材料などにも使われています。


そんなミカンの皮を、
2〜3日天日干しして乾燥させるか、あるいは食べ終わったミカンの皮を、そのまま小さくちぎってもいいですが、布袋に入れて浴槽に浮かべれば、冷え性に効く香りの良い、薬湯の出来上がりです。


また、身体を温めるといわれている食材「ショウガ」も、
一かけらをすりおろして、そのすりおろしたショウガを搾った汁を浴槽に入れれば、身体が温まる薬湯になります。


また、捨ててしまう方も多いと思いますが、
大根の葉も、水洗いして1週間程、日陰干ししたものを細かく刻み、布袋に入れて、鍋でグツグツと煮ます。

そして、出来上がった、煮汁を布袋ごと浴槽に入れれば、ミカンの皮同様、身体が温まる薬湯の出来上がりです。


ついつい「もう1つ食べよう」と手が出てしまうミカンですが、
これからは、皮を捨てずに、天日干しをして、毎日の疲れや、身体の冷えを取るために、ご家庭で出来る「ミカンの薬湯」をなさっては、いかがでしょうか?




 3、店長の独り言

今年の漢字が発表されましたね。

今年の漢字は、「偽」だそうです。
今年は、食品の産地、原材料、賞味期限の偽装などが相次いだ事が原因だったようです。

私の予想の「油」は、まったくの大ハズレに終わってしまいましたが、皆さんの予想結果は、いかがだったでしたか?

今年もあと半月程になりましたが、体調を崩されないように、お身体ご自愛下さい。

「サプリ&アロマショップ ハービックス<
http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。

posted by ハービックス at 18:13| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

Vol.19 「成人の8割が患者?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     
◇ 1、成人の8割が患者?
     ◇ 2、店長の独り言 


◇ 1、成人の8割が患者?

見るからに健康的な成人の80%の方でも、実は、知らず知らずにうちに、ある病気になっているそうです。


そのある病気とは、「歯周病」です。


昔は、「歯槽膿漏」といわれていましたが、
最近では、テレビコマーシャルの影響もあってか、「歯周病」という言葉が認知されてきました。


「沈黙の病」ともいわれていて、気付かないまま、年齢と共に病状が進行し、
気がついた頃には、手遅れになってしまう事もあるそうです。


「歯周病」の原因は、歯と歯茎のスキマ(ポケット)に、
多種類の細菌の塊、「歯垢(しこう=プラーク)」が溜まります。


本来、口の中に無数にいる細菌は、人にとって有害でないのですが、
身体の抵抗力(=免疫力)が低下したり、「歯垢」が、口の中に多く溜まる事によって、歯茎などを炎症させる事で「歯周病」が発病します。


そこで、「歯周病」の予防と対策を2つご紹介致します。


まず1つ目は、「歯垢」を取り除く事です。

それには、丁寧なハミガキ(ブラッシング)があります。

「歯垢」は、柔らかく、丁寧にハミガキをすれば取れるので、毎日、しっかりと、丁寧にハミガキをしましょう。


そして、2つ目は、免疫力の向上です。

免疫力の向上の方法としては、

免疫力を高めるサプリメント(健康食品)の使用、

適度な運動、

ストレスの軽減、

規則正しい生活、

などが考えられます。


年末年始は、お酒の席がいつもより増えたりするので、
どうしても生活のリズムが不規則になりがちです。


「歯周病」対策のためにも、
身体の免疫力を高め、毎日の丁寧なハミガキで、お口の中も健康に、新年を迎えましょうね。



◇ 2、店長の独り言

2007年も残り1ヶ月を切りましたね。

皆さんにとって、今年はどんな一年間でしたか。

年中行事である「今年の一文字」の発表も、来週の12日には、発表されるようですが
どのような漢字になるのでしょう。

私の予想は、原油価格高騰による各製品の値上げが話題になったので、「油」だと思いますが、皆さんの予想はいかがでしょうか?

ちなみに、私にとっての「今年の一文字」は、『家』です。
新しい家族の誕生や、家族の死去など、家族にまつわる事が多かったので、今年改めて、家族の大事さ、大切さがわかったような気がします。

皆さんにとっても、「今年の一文字」は、どんな漢字になるでしょうか?

「サプリ&アロマショップ ハービックス<
http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。

posted by ハービックス at 18:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

Vol.18 「二日酔い予防 飲酒前に出来ること」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、二日酔い予防 飲酒前に出来ること                 
     ◇ 2、店長の独り言                           


◇ 1、二日酔い予防 飲酒前に出来ること


そろそろ、皆さんが毎日目をやるカレンダーに、忘年会や、クリスマスなどの予定が書き込まれる時期になりました。


そして、忘年会やクリスマスといえば、美味しい食事と仲の良い人達との会話で、
ついつい飲みすぎてしまうのが、「アルコール」ではないでしょうか?


今回は、
そんな飲食の機会の多くなる時期に気をつけていただきたい、
「胃」と「アルコール」の関係についてご紹介致します。


適量の「アルコール」は、

食欲の増進、

「胃」の防御機能(胃酸の刺激に対しての抵抗力)の向上、

血圧の低下、

善玉コレステロールの増加、

などがわかっています。


ちなみに、「アルコール」の適量とは、1日分として一般的に考えられている量では、

日本酒 1〜2合、

ビール 1〜2本、

ウイスキー 1〜2杯(水割り)、

と言われています。


では、適量以上の「アルコール」を飲むとどうなるか?


「アルコール」を適量以上飲むと、
「胃」の内側、
つまり粘膜が充血してしまい、「胃」の防御機能が弱くなり、胃酸の刺激に弱くなってしまいます。


そして、「アルコール」を摂ると食欲が増進するので、胃酸の分泌が高まり、
胃酸の刺激に弱くなってしまった「胃」の内側、粘膜部分に大きなダメージを与えてしまいます。

そうすると、胃痛に見舞われる事になります。


では、どうすればいいか?

「アルコール」の量を適量にすれば一番良い、とは誰もが思うでしょうが、忘年会など、適量で「アルコール」を飲むのをやめる方は少ないでしょう。


そこで、「アルコール」を飲む前には『牛乳』を、
「アルコール」を飲んだ後には『ビタミンC』を摂りましょう。

『牛乳』は、胃酸を中和する働きがあり、また、「胃」に入ると、胃酸によって柔らかく凝固して、薄い膜を形成するので、「胃」の内側を保護してくれます。


『ビタミンC』は、「アルコール」の分解を促進する働きがあるので、
二日酔いの予防になります。


誰でも、楽しく「アルコール」を飲みたいですよね。

ですから、「アルコール」を飲む前に、『牛乳』と『ビタミンC』を忘れずに摂取する。

たったこれだけの事で、身体への負担が軽くなるのですから、是非、お試し下さい。



◇ 2、店長の独り言


朝夕だけでなく、日中も寒くなってきましたね。

ビジネスマン、OLさん、学生さんなど通勤・通学途中の多くの方達も、薄手のコートを着たり、マフラーを巻いたりと、防寒対策をされています。

私も防寒対策に、薄手のジャンバーを着ています。
一枚スーツの上に羽織るだけで、とても暖かいので、当分の間は、コートではなくジャンバーで通勤できそうです。

ちなみに、有効な防寒対策として、首元、足首、手首から風が入ってこないようにすると、暖かいそうなので、首に巻くマフラーや、足首につけるレッグウォーマーをお持ちの方は、外出時などには、ご活用いただければと思います。

ちなみに、当店では、寒くなってくる今の時期、「あったか紡ぎのヘルスウォーマー」シリーズの
ネックバンド< http://www.harvix.co.jp/healthy_foods/syouhin/n.tex.htm#ntex13 >が、家の中で、マフラー感覚で気軽に着けていられるとして、一番人気です。

今年もあと1ヶ月を残すだけとなりました。
日に日に、寒さは厳しくなってまいりますので、風邪などになられませんよう、お気をつけ下さい。

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 18:01| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

Vol.17 「手洗いの重要性」

 ☆★ 今日の健康メニュー 
     ◇ 1、手洗いの重要性                          
     ◇ 2、店長の独り言

◇ 1、手洗いの重要性



前回のメルマガでは、「インフルエンザ」の予防方法をご紹介しました。


今回は、予防方法の中でも、最も簡単な「手洗い」の重要性についてご紹介致します。


「手洗い」は、簡単にできる風邪やインフルエンザの予防方法ですが、
しっかりと、石鹸を使って、手のひらや、手の甲、指先まで、洗っていますか?


手洗いをしっかりしないと、流行の兆候が出だしているインフルエンザや、
昨年猛威を振るった「ノロウイルス」の感染源になりうる事もあるので、要注意です。


「ノロウイルス」が、流行する時期は、11月から12月といわれています。

「ノロウイルス」に感染すると、激しい下痢や嘔吐が症状として現れますが、実は、下痢や嘔吐などの症状を発症しない方(不顕性感染)もいます。


昨年の12月にあるホテルで400人以上の方が「ノロウイルス」に、集団感染した事例があります。

その際の感染経路は、ある方がホテルの絨毯に嘔吐してしまい、その嘔吐物の中に大量の「ノロウイルス」が含まれていて、ホテル側も清掃や消毒をしましたが、消毒が不十分だったのが、原因のようです。

それほど、強い感染力を持つ「ノロウイルス」。

一度感染してしまうと、免疫システムがしっかりしている成人でも、2、3日安静にしている必要があり、体力の無い幼児やご高齢者では、重症になることがあります。


そこで、「手洗い」がとても大切になります。

「手洗い」は、手についてしまったウイルスを洗い流すためにも、多少、面倒に感じる時でも、毎回帰宅時には、しっかりと「手洗い」をして下さい。


冬は、前回ご紹介した「インフルエンザ」や、「ノロウイルス」の流行時期でもあるので、
毎日しっかりと睡眠をとって、バランスのとれた食事や、サプリメントを利用して、感染しないように、また感染してしまってもすぐに元気になるように、自己免疫力を高めておくことが大事です。



◇ 2、店長の独り言

木枯らし一号が吹きましたね。

木枯らしとは、冬型の気圧配置になった事を示す現象だそうです。
と、いうことは、これからますます寒くなってくる事を意味しているようです。

寒いのは、辛いですね。
寒いのを喜ぶのは、動物園にいるシロクマなどの寒い地方に住んでいる動物くらいでしょうか?

でも、寒い時期だからこそ、見ることが出来る風景など、冬の楽しみもありますよね。

私の寒い時期の楽しみといえば、星空です。
星座には詳しくないのですが、星空をよく眺めます。
星空をボンヤリと眺めていると、頭の中がスッキリするので、年中見ていますが、寒い時期は空気が澄んでいて、いつもより星がよく見えるので、この時期は、星空を眺める回数が増えます。

星空をボンヤリ眺めるのも、楽しいですよ。
皆さんも一度、お試し下さい。
ただし、防寒対策はしっかりしないと、風邪になりますので、ご注意下さいね。

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 18:22| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

Vol.16 「インフルエンザにご用心」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、インフルエンザにご用心                      
     ◇ 2、店長の独り言 
◇ 1、インフルエンザにご用心


冬の時期になると蔓延する「インフルエンザ」。

インフルエンザが流行りだすのは、11月中旬頃からだそうですが、今年は、すでに首都圏などで、学級閉鎖になっている学校があるそうです。


インフルエンザは、普通のかぜと同じように、
のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状がみられますが、風邪にない38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れるそうです。


そんなインフルエンザの対策ですが、
方法としては、以下があげられます。
・帰宅時の手洗い、うがい

・適度なお部屋の湿度の保持

・外出時のマスクの着用

・流行前の予防接種

などが、考えられます。

このうち、予防接種以外は、毎日の習慣になっている方もおられるのではないでしょうか?

私も、帰宅時には石鹸での手洗い、塩水でのうがいが習慣になっているので、しないと何となく落ち着かないようになっています。


予防接種は、しておけばインフルエンザにかからないというものではなく、
インフルエンザになってしまった場合でも、インフルエンザの症状が重症化の防止に役立つといわれているので、特に、高齢者や身体の弱い方など、体力がない方には、インフルエンザの予防接種をオススメしているそうです。


これらのインフルエンザ対策を、広く知ってもらうために、
厚生労働省が考え出した標語があります。

その標語とは、「ひろげるなインフルエンザ ひろげよう咳エチケット」です。


どこかで聞いたことがあるような標語ではありますが、
これを実践するのと実践しないのとでは、大きな差があるのではないでしょうか?


ちなみに、「咳エチケット」とは、

・咳、くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、
 他の人から顔をそむけ1m以上離れる。

・呼吸器系分泌物(鼻汁・痰など)を含んだティッシュを
 すぐに蓋付きの廃棄物箱に捨てられる環境を整える。

・咳をしている人にマスクの着用を促す。

・マスクの装着は説明書をよく読んで、正しく着用する。

だそうです。


インフルエンザの予防を心掛け、「咳エチケット」を実践して、
インフルエンザにならないように、ご注意下さい。



◇ 2、店長の独り言

先日、テレビで今年の暖房器具の売れ行きが話題になってました。

前回の「店長の独り言」でも書きましたが、暖房器具についてです。

今年の暖房器具の売れ筋は、例年とは違い、石油ファンヒーターの買い控えが増え、代わりに、高性能のエアコンが売れているようです。

石油ファンヒーターの買い控えの原因は、やはり灯油の値上がりだそうです。
その話題を聞いたときは、やっぱりか。といった感じでした。

最近のエアコンは、高性能で、数年前の機種に比べ、電気代もお得だそうですので、暖房器具の買い替えをお考えの方は、身近な電気屋さんにご相談されてはいかがですか?。

ちなみに、我が家では灯油が値上がりしたとは言え、スイッチを押したら、ブゥーンといいながら、温風を出して部屋を温めてくれる、石油ファンヒーターを今年も使います。
いつか、暖房器具が壊れてしまうその日まで、今の石油ファンヒーターには、頑張ってもらいたいと思います。

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 18:08| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

Vol.15 「今が旬の食材でお腹スッキリ?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
    ◇ 1、今が旬の食材でお腹スッキリ?                   
    ◇ 2、店長の独り言 

◇ 1、今が旬の食材でお腹スッキリ?


前回は、1日に約300グラム程度の果物が、身体にとってよいとご紹介しましたね。


そこで、今日は、この時期にお薦めの健康食材をご紹介します。

その健康食材は、「キノコ」です。


キノコには、数多くの種類があり、ハウス栽培も盛んに行われている品種もありますが、
一年で一番キノコが美味しい時期は、秋から冬にかけてと言われています。


キノコには、食物繊維が豊富に含まれているので、
腸に溜まった有害物質や老廃物の排出させることにより、便秘の改善に役立ち、また、血液をキレイにするなどと言われています。
そのほかにも、コレステロールの減少にも役立つと言われています。


また、キノコは、食物繊維の他にも、
ビタミンB、ビタミンD2、ミネラルなどが豊富に含まれているのに、低カロリーであることから、生活習慣病の予防にはもってこいの食材ではないでしょうか?


「食欲の秋」は、終わってしまいましたが、
11月も中旬から、来年にかけては、外食の機会が増える時期です。


外食が増えると、どうしてもカロリーオーバーになりがちなので、
ご自宅で食事をされる際は、低カロリーなのに、栄養が豊富に含まれている、キノコをお召し上がりになられてはいかがですか?



◇ 2、店長の独り言


最近、肌寒い日が増えてきましたね。
そろそろ我が家でも、暖房器具の準備をしなくてはと、先日、就寝前に布団の中で考えていました。

我が家の暖房器具は、ホットカーペットと、石油ファンヒーターです。

今年は、石油の高騰が原因で、灯油の価格が例年に比べ、高くなっているのでしょう。
そう考えると、石油ファンヒーターを使用するよりも、電気式のファンヒーターを新しく購入した方が、結果的に、光熱費は安くなるのでしょうか?
そんな事をボンヤリと布団の中で、考えていたら、いつの間にか眠ってしまいました。

皆様のご家庭でご使用されている暖房器具は、
電気式ですか?灯油ですか?

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 18:12| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

Vol.14 「果物を食べれば、かかりにくくなる?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、果物を食べれば、かかりにくくなる? 
    
 ◇ 2、
店長の独り言 


◇ 1、果物を食べれば、かかりにくくなる?


果物を毎日たくさん食べる人は、
「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの循環器系の病気にかかりにくくなるとの調査結果が、厚生労働省の研究班によって発表されました。


この調査は、全国の8県(
岩手、秋田、長野、茨城、新潟、高知、長崎、沖縄)にお住まいの、男女約8万人に野菜や果物の摂取量のアンケートを取り、ガンと循環器病の発症を最長7年間追跡。


アンケート結果から、果物の1日の摂取量で対象者を4グループに分けて発症率を比較した結果、
果物の摂取量が最も多いグループ(平均280グラム(リンゴ約1.5個))は、最も果物の摂取量が少ないグループ(同35グラム(リンゴ約6分の1))に比べ、発症リスクが19%減少したそうです。


また、非喫煙者に限っては、発症率が19%よりもさらに減少する傾向がみられ、
喫煙者は、非喫煙者と同じ量の果物を食べても、発症率が19%と同等の減少率だったそうです。


この調査結果では、アンケートにお答えになられた方々が食べられた、
果物の種類や、食べ方などについては、書いてありませんでした。


でも、昔から果物は、身体に良い成分が入っているといわれています。


例えば、リンゴ。

昔から、「1日1個のリンゴで医者いらず」などといわれていて、リンゴには、ポリフェノールや、クエン酸、ビタミンCなどの豊富な栄養素が含まれています。


また、これから食べる事が多くなる「ミカン」。

ミカンも昔から「ミカンが出回る頃になると、医者が暇になる」なんていわれているくらい、ビタミンCを豊富に含んでいるので、風邪の予防などに食べる方も多いのではないでしょうか?


どちらの果物も、美味しいだけでなく、身体にも良い成分を多く含んでいます。

毎日の健康のため、これからは、果物を1日300グラム程度(ミカン3個、リンゴ1個)をお召し上がりになっては、いかがですか?



◇ 2、店長の独り言


なんとなく、甘い物が欲しい時ありませんか?
そんな時、私はチョコレートを買って、ちょこっと食べます。
あとは、冷蔵庫にいれておいて、また、食べたくなった時に食べます。

先日、またチョコレートが食べたくなったので、スーパーに買い物に行った際に、お菓子売り場に足を運びました。

すると、「塩」を使ったチョコレートが何種類もありました。

チョコレート=甘い
塩=しょっぱい
チョコレート+塩=?

私は、チョコレート+塩の味が想像できなかったのと、以前に購入した「カカオ99%」のチョコが、苦くてとても食べられなかった失敗もあったので、塩入りチョコレートの購入をしませんでしたが、怖いものみたさでしょうか、食べてみたいとも思います。

どなたか、「塩入りチョコレート」をお召し上がりになられた方はいませんか?
お食べになられた方がおられましたら、是非、お味を教えて下さい。

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 18:29| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

Vol.13 「今が旬?血液サラサラ食材」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、今が旬?血液サラサラ食材                     
      ◇ 2、店長の独り言  
                         


◇ 1、今が旬?血液サラサラ食材


今回は、前回の話とちょっとだけ関連しています。

前回は、「血管年齢」について、お話させていただきましたが、
今回は、血管の中を流れている「血液」をサラサラにしてくれる、今の時期、美味しい食材をご紹介いたします。

その食材とは、「タマネギ」です。

「タマネギ」は、品種や収穫時期によって旬が異なり、
また、輸入物も多くあるので、1年を通じて食べることのできる食材です。

一般的に、「タマネギ」の旬は、3〜4月頃に出荷される柔らかい「新タマネギ」といわれていますが、ちょうど、今頃から出荷される固く実のしまった「秋タマネギ」も、旬に負けないくらい美味しいそうです。

では、「タマネギ」の何が、血液をサラサラにするか?
血液をサラサラにする成分は、
「タマネギ」を包丁で切っていると、
悲しくないのに、ポロポロと涙を流させる成分、「硫化アリル」です。

「硫化アリル」が、血栓をできにくくしたり、できてしまった血栓を溶かしてくれるので、血液をサラサラにしてくれます。

また、「硫化アリル」は、ビタミンB1と結合して、体内吸収をよくするので、
ビタミンB1の不足によりおこる、
・食欲不振
・疲労
・イライラ
・睡眠不足
などに、良いそうです。

硫化アリル」は、水溶性であり、また熱にも弱い成分です。
つまり、「タマネギ」を生で食べる際に、辛味をやわらげるため、流水にさらす場合がありますが、水に浸けると「硫化アリル」が溶け出してしまいます。

ですので、「タマネギ」の辛味をやわらげるには、
お酢を使ったドレッシングが良いそうです。


また、「硫化アリル」は、加熱により壊れてしまいます。
それを防ぐ方法があります。
それは、「タマネギ」を切ってから、1時間放置することです。

ただそれだけで、「硫化アリル」が「タマネギ」自身が持つ酵素の働きによって、熱に強い成分に変質するので、「タマネギ」を炒め物にする際は、時間に余裕を持って調理をなさって下さい。

最後に、「タマネギ」を切っても、涙が出にくくなる簡単な方法をご紹介いたします。
その方法は、『「タマネギ」を切る前に、冷蔵庫で15分ほど冷やしておく』ことです。
「タマネギ」を冷やすことで、「硫化アリル」が蒸発しにくくなるので、涙が出にくくなるそうです。

血液をサラサラにしてくれる成分の含有された「タマネギ」。
ご家族皆様の健康を考えるなら、今晩の一品に『オニオンスライス』などは、いかがですか?


◇ 2、店長の独り言


先日、近所の大型スーパーマーケットに買い物に行くと、まだ、10月なのに、早くもクリスマス用のイルミネーションが展示されていました。

数年前は、クリスマスのイルミネーションといえば、
色々なショップさんがしているだけでしたが、最近は、一般のご家庭の庭やバルコニーなどをイルミネーションを飾り、往来の人を楽しませてくれる、ご家庭が増えているそうなのですね。

また、そのイルミネーションで飾られているご家庭が、季節の風物詩になっている地域もあるそうです。

私は、そのようなご家庭をテレビなどで見るたびに、「キレイだなぁ」と思うと同時に、「電気代がすごいだろうなぁ」とか考えてしまいます。

皆様は、そのようなご家庭を見かけられたら、どの様に思われますか?

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。



posted by ハービックス at 18:17| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

Vol.12 「健康を考えるなら、気にしてほしい年齢?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
    ◇ 1、健康を考えるなら、気にしてほしい年齢?              
    ◇ 2、店長の独り言  
                  

◇ 1、健康を考えるなら、気にしてほしい年齢?

地球上に生きている生物の中で、人間だけが気にする物が、「年齢」ではないでしょうか?

「年齢」にも色々ありますが、皆様が一番気になさる「年齢」は何でしょうか?
生まれてから、今日までの「実年齢」、
若くみられたり老けてみられたりする「見た目年齢」、
お肌の水分量や保湿量が関係する「肌年齢」など、
いろいろな年齢がありますが、今日は健康に関する、ある年齢をご紹介させていただきます。

その「年齢」とは、
「血管年齢」です。

「血管年齢」は、外見ではわからないので、「血管年齢」が年齢を重ねても、自覚症状はありません。
では、何故、「血管年齢」を気にしなくてはいけないのか?

「血管年齢」は、「実年齢」と同じように、月日を重ねる事に、
年齢を重ねていきます。
そして、「血管年齢」は「実年齢」とともに、だんだんと弾力を失い、硬くなっていくのです。

「血管が硬くなる」と聞いて、思いつく病名がありませんか?
そう、「動脈硬化」です。

「動脈硬化」とは、血管の内部に、コレステロールなどがたまって、
血管が硬く厚くなり、血管内部を狭めてしまい、血液の通り道が狭くなってしまう現象の事で、心臓病や脳卒中の原因になると言われていて、特に、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を患っていたり、喫煙、運動不足、過度のストレスなどによっても、動脈硬化のスピードは早くなるようです。

自身の「血管年齢」を知る事は、とても大事です。
知らずに放置してしまうと、心筋梗塞や脳梗塞などの発症リスクが上がるといわれています。

では、「血管年齢」を若返らせるのは、どうしたらよいか?

それは、「動脈硬化」のスピードが早くなる原因の逆をすればよいのではないでしょうか?

「動脈硬化」のスピードが早くなる原因は、
・喫煙、
・運動不足、
・過度のストレスなどですので、
その逆の事、つまり、
・禁煙、
・適度な運動、
・ストレスの緩和などです。
他に、野菜を多く食べるなどの食生活の見直しなど、毎日の生活習慣の見直しが重要になると思われます。

最近では、血管の硬さや、血管の内壁の厚さなどを調べる検査も普及していて、
「血管年齢」を簡単に調べてくれる医療機関も増えているようです。

『人は、血管とともに老いる』といわれています。
「肌年齢」や「見た目年齢」も毎日の生活の中では、大事かも知れませんが、本当に毎日を健康に生活する為に重要な「血管年齢」。

一度ご自身の「血管年齢」をお調べになられてはいかがですか?
もしかしたら、「血管年齢」が若い事が、「肌年齢」や「見た目年齢」を若くする秘訣かもしれませんよ。


◇ 2、店長の独り言

近頃、朝と夕方が、肌寒い日が増えてきましたね。

朝の通勤時に歩いていても、以前なら少し汗ばむ事もありましたが、最近は、歩いていても、何となく肌寒い。

肌寒さにもう秋だなぁと思い、ふと、街路樹の銀杏の根元を見ると、
いくつかの銀杏の実が落ちていました。

次に銀杏の葉を見てみると、緑色の葉が、ほんのりと黄色に変わりつつありました。
しばらくすれば、黄色に染まった街路樹の銀杏が、
通勤の人たちの目を楽しませてくれるまで、もう少しでしょうか?

キレイな黄色に染まった銀杏の葉がヒラヒラと地面に落ちてしまう頃には、
今以上に毎日が寒くなっているでしょうから、体調管理には十分注意をしなくてはいけませんね。

皆様も、体調を崩さない様、お身体ご自愛下さい。

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。


posted by ハービックス at 14:38| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

Vol.11 「1日の目安は350グラム以上です」

 ☆★ 今日の健康メニュー 
   
  ◇ 1、1日の目安は350グラム以上です                 
     ◇ 2、店長の独り言                          


◇ 1、1日の目安は350グラム以上です

1日の目安が、350グラム以上といわれているのは、野菜の摂取量です。

野菜の摂取量が多い国では、虚血性心疾患の死亡率が低いそうです。

また、現代病といわれている「糖尿病」や、「高血圧」などの生活習慣病などの
予防や改善にも野菜の摂取は有効だそうです。

野菜には、皆さんご存知のとおり、
お通じを良くしてくれる「食物繊維」や、
お肌に良いといわれる「ビタミンC」などの『ビタミン類』
細胞の新陳代謝に必要な「亜鉛」などの『ミネラル類』
活性酸素の害を防いでくれる「ポリフェノール」などの『抗酸化物質』など、
豊富な栄養成分が含まれています。

野菜は、先ほどもご説明した様に、健康には欠かせない食材として、厚生労働省が、1日350グラム以上の摂取を推奨しています。

しかし、野菜350グラムとは、一体どれぐらいの量になるのか?
スーパーで売っている「ほうれん草」の1束が、300グラムから400グラム程度、
レタス1個が、500グラム程度ですので、その3分の2程度が1日の目安量となります。

しかし、1日にレタス3分の2程度を食べる必要があると考えると、かなりの量を食べなくてはいけないと感じませんか?

そこで、少しでも食べやすい様に、食べ方を工夫しましょう。
方法は、簡単。
その方法とは、加熱です。

野菜を加熱することによって、野菜自体のかさが減るので、
食べやすくなります。
また、加熱することで、柔らかくなるり、ご高齢者にも食べやすくなります。

しかし、野菜に含まれている『ビタミン類』の中には、「ビタミンC」や「ビタミンE」などのように、加熱によって壊れてしまう『ビタミン類』があるので、健康維持の為にも、「サプリメント」のご使用をお薦めします。

明日からは、野菜は加熱して、
そして、加熱した野菜からの摂取だけでは不足しがちな『ビタミン類』は、サプリメントで摂取するようにしましょう。

毎日の健康維持の為に、1日350グラム以上の野菜を
たっぷりとお召し上がりになられてはいかがですか?


◇ 3、店長の独り言

先日の日曜日、姪っ子の運動会に行きました。
姪っ子は、今年の春に幼稚園に入園したばかりの年少組です。

運動会の会場には、ビデオカメラやデジタルカメラをもった、保護者の方々が、
熱心に、我が子のダンスや徒競走などの種目を、撮影されていました。

姪っ子も、走ったり踊ったりと、満面の笑みを浮かべながら、運動会を楽しんでいました。

種目の中に、未修園児が出場できる徒競走があったので、我が家の長男も張り切って出場しました。

出場の記念として、幼稚園の先生方が作られた、記念品をいただいて、満足そうでした。

来春は、長男が幼稚園に入園するので、
年の今頃は、私がビデオカメラで、長男を撮影しているでしょう。

今から、来年の運動会が、ちょっと楽しみです。

「サプリ&アロマショップ ハービックス<
http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。


posted by ハービックス at 18:12| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

Vol.10 「秋茄子は嫁に食わすな?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、秋茄子は嫁に食わすな? 
     ◇ 2、店長の独り言


◇ 1、秋茄子は嫁に食わすな?


朝夕が涼しくなり、虫の鳴き声もアチラコチラから聞こえてくるようになり、
季節は秋になりましたね。

秋といえば、
「読書の秋」、
「スポーツの秋」、
「食欲の秋」と昔からいわれていますよね。

今日は、「食欲の秋」についてお話させていただきます。

さて、秋が旬の食材といえば、何を思い浮かべますか?
秋刀魚、栗、梨など、我が家でも秋になれば頻繁に食べる食材もあれば、なかなか食べる事ができない高級な秋の味覚である「マツタケ」など、美味しい食材がたくさんありますよね。

その中でも「ことわざ」にも登場する秋の味覚といえば、『なすび』です。
昔から、『秋茄子は嫁に食わすな』といわれています。
この「ことわざ」の意味は、「秋茄子は美味しいから、お嫁さんに食べさせるのはもったいない」ではなく、「秋茄子は、食べ過ぎると身体を冷やすから身体によくない」と、お嫁さんの身体の事を気づかった優しいお姑さんの気持ちが表現した「ことわざ」だそうです。

『なすび』は、インド原産の野菜で、
約93%が水分といわれており、秋の味覚として、美味しい食材でしたが、栄養はあまり無いと思われている野菜でした。

しかし、最近の研究では、『なすび』の紫色の色素「ナスニン」が
コレステロール値を下げたり、動脈硬化を予防する働きがあることがわかったり、『なすび』の皮に、アンチエイジング効果があるといわれている「ポリフェノール」が多く含まれていたりと、その栄養的価値が見直されつつあります。

と、いうことは、
コレステロール値が高いお父さんや、アンチエイジングを気にされているお母さん、ご家族全員で食べるのに適している秋の食材ではないでしょうか?

つまり、
昔からいわれている「ことわざ」の『秋茄子は嫁に食わすな』は現代で考えると、『秋茄子は、嫁も食え』になり、「秋茄子は、身体を冷やす作用はあるが健康に良い食材なので、家族全員で適度に食べなさい」という意味になるのではないでしょうか?


ちなみに、
1、紫色が濃い
2、表面がパンと張っていて艶がよく、丸みを帯びたもの
3、へたについた刺がチクチクと痛いくらいのもの
が新鮮だそうです。

今が旬の「秋茄子」。
身体を冷やす作用はありますが、食べ過ぎて身体を冷やさない程度に食べれば、美味しくて、健康によい食材ではないでしょうか?

ご家族の健康を考えるのなら、新鮮な秋の味覚である「秋茄子」のお料理を、今晩の食卓に加えてみてはいかがですか?


◇ 2、店長の独り言


先日、妻が我が家の長男と、来年から幼稚園に通う為の入園説明会に行ったそうです。
入園説明会の他に、簡単な面接や、内科検診があったそうです。

私が家に帰ってから、長男に幼稚園に行った様子を聞くと、
目をキラキラさせて、オモチャがいっぱいあったとか、遊び相手がいっぱいいたとかを、片言ではありますが、一生懸命に説明してくれました。

入園は、半年以上先の事ですが、幼稚園が楽しそうな所らしいと思っているみたいで、早く行きたいようでした。

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 18:09| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

Vol.9 「健康的に痩せるには?」

☆★ 今日の健康メニュー 
    ◇ 1、健康的にやせるには?                       
    ◇ 2、店長岩屋オススメの「与那国の三燦青汁」の美味しい飲み方      
    ◇ 3、店長の独り言


◇ 1、健康的に痩せるには?


今回は、前回の続きで、増えてしまった体重を少しでも減らせるように、ダイエットについてご紹介致します。
 
男性、女性を問わず、誰でも、若い頃のような、美しいボディーラインになりたいと思うことがあると思います。
 
でも、いざダイエットをしようとして、書籍を見たり、知り合いにダイエット法を聞いたりすると、色々な制約が多くて、面倒になり、途中で止めてしまうことがありませんか?

しかも、今の時期は、『食欲の秋』だから、色々と食べ物が美味しい季節でもあり、これから来る『冬』に備えて、身体が皮下脂肪をつけようとする季節でもあります。
 
だからこそ、健康的に美しいボディーラインを作るダイエットをご紹介します。
 
1、皮下脂肪、内臓脂肪、2種類の脂肪を減らす
まずは、体脂肪を減らしましょう。
体脂肪には2種類あって、皮膚の下につく「皮下脂肪」と、
内臓のまわりにつく「内臓脂肪」があります。
 
「皮下脂肪」は、過剰にあると、ボディーラインを崩す原因になり、
「内臓脂肪」は、過剰にあると、メタボリックシンドロームの原因になります。
 
しかし、体脂肪は、非常時には生命活動を維持するのに必要なエネルギーとして利用されるので、
ご自身の体脂肪の適正値を知り、適度に減らす様にしましょう。
 
 
2、リラックスして、ダイエットを楽しむ
健康的に痩せるには、ダイエットを楽しむことが大事です。
例えば、通勤時などの際に、時間に余裕を持って、景色を見ながら歩けば、気分転換にもなりますし、軽く汗ばむ程度の運動になると思います。
 
毎日少しづつでも、適度な運動をしていれば、身体の筋肉量が増えます。
身体の筋肉量が増えれば、基礎代謝が向上し、脂肪の燃焼量の増加にもつながります。
 
 
3、ダイエット食品の上手な活用法
健康的に痩せるには、毎日の食事だけでは摂取できない、 ダイエットに有効な栄養素が濃縮されているダイエット食品の使用をオススメします。
 
ダイエット食品にも大きく分けて、2種類あります。
1つは、食事の代用品として使用するダイエット食品。
もう1つは、ダイエットに有効な成分が濃縮され含有されているダイエット食品。
 
この2種類のうち、ダイエットに有効な栄養素が濃縮されているタイプをオススメします。
 
なぜなら、有効な成分が濃縮されたダイエット食品を食後や食前に使用する事によって、誰かと会話をしながら、美味しく食事ができるからです。
 
誰かと一緒に食べる食事は、とてもリラックスできますし、またとてもストレス解消に良いことだからです。
 
ただし、ダイエット食品を使用しているからと言って、食べ過ぎては意味が無いので、お気をつけ下さい。
  
どうでしょうか?

3つのポイントに分けてご説明しました「健康的に痩せるためのダイエット」方法。
 
毎日、身体のことを考えながら、美味しい食事を楽しく食べて、キレイなボディーラインを目指してみませんか?
 

◇ 2、店長岩屋オススメの「与那国の三燦青汁」の美味しい飲み方 


「与那国の三燦青汁」を発売してから、約1ヶ月が経ちました。
今日は、ハービックス店長の岩屋が、何かと忙しい朝に、パパッと作れるのに、 美味しくて栄養もある「与那国の三燦青汁」の飲み方をご紹介致します。
 
1、牛乳100ml程度に、「与那国の三燦青汁」を1包入れる。
2、黒砂糖を、ティースプーン1杯入れる。
3、黒砂糖が溶けるようによく混ぜる。
  
肝心の味は、少し甘口の抹茶ミルクみたいです。
少し甘口だからでしょうか、我が家の2歳7ヶ月の子供も、大好きでゴクゴク飲みます。

今なら、新発売を記念して、
『与那国の三燦青汁(30包入り 消費税込 定価¥3,780)』を1個ご購入の場合でも、初回ご注文に限り、送料無料でお送り致します。
 
詳しくは、コチラをご覧下さいませ
⇒⇒ <
http://www.harvix.co.jp/healthy_foods/syouhin/sansanaojiru.html >
 
※ 送料については、通常、一部商品を除き、ご購入代金が¥5,000円未満の場合、全国一律¥600円を頂戴しております。


◇ 3、店長の独り言


最近は、朝夕が涼しくなり、過ごしやすくなりましたね。
少し肌寒い日があるくらいですよね。
 
ところで、つい先日の「中秋の名月」はご覧になりましたか?
 
いつもより、なんとなく大きくてキレイだったまんまるのお月様。
 
近所の空き地や田畑から聞こえる、虫の鳴き声を聞きながら、まんまるのお月様をボンヤリと眺めていると、秋だなぁと感じました。
  
そんなお月様を眺めているだけで、心も身体もリラックスできたので、これからも、皆様に健康に関する情報を、お届けしていきたいと思います。
 
これからも、当メルマガをご愛読下さいますようお願い申し上げます。
 
「サプリ&アロマショップ ハービックス<
http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。

posted by ハービックス at 18:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

Vol.8 「中年太りはリスクが高い!」

☆★ 今日の健康メニュー ★☆
    ◇ 1、中年太りはリスクが高い!                     
    ◇ 2、『美味しい青汁!』と評判の「与那国の三燦青汁」          
    ◇ 3、店長の独り言                           


◇ 1、中年太りはリスクが高い!


世界保健機構(WHO)の健康に関する報告書によると、
世界の全死亡者の内、ある病気が原因のケースが約30%を占めるそうです。

その病気とは?

その病気とは、『心臓病』です。

そして、その『心臓病』を発症してしまう原因は、高血圧、高脂血症、肥満などといわれています。
これらの原因の中でも、厚生労働省は、「特に中年太りがリスクが高い」と警告をしているそうです。

厚生労働省の調査によると、
「若い時には痩せていたが、中年以降10kg以上体重増加した男性は、体重が安定している人と比べ、心筋梗塞などの発症リスクが2倍高い」との結果が発表されました。

これらのリスクを考える上で国際的な体格指数が「BMI値」です。

「BMI値」は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出される数値です。

日本肥満学会では、
18.5未満・・・痩せすぎ
18.5〜25未満・・・標準
25〜30未満・・・肥満(1度)
30〜35未満・・・肥満(2度)
35〜40未満・・・肥満(3度)
40以上・・・肥満(4度)
と、算出される数値を細かくグループに分けているようです。

さて、このBMI値が30以上ある男性は、標準体重の男性に比べ、
心疾患発症リスクが、1.8倍、
また、20歳の時点でBMIが21.7以下と痩せていた方の体重が変化した場合、増減5kg以内の人に比べ、10kg以上体重が増加した方は、発症が2倍大きいそうです。

これらの事からも、年齢を重ねてからの体重増加が、
毎日を健康に暮らす可能性を減らしているのです。

次回は、増えてしまった体重を少しでも減らせるように、
ダイエットについてご紹介致します。


◇ 2、『美味しい青汁!』と評判の「与那国の三燦青汁」 


「与那国の三燦青汁」の発売から、約3週間がたちましたが、お召し上がりいただいた皆様から、大変嬉しいお言葉を頂戴しましたので、ご紹介させていただきます。

「毎朝、家族みんなで飲んでいる」、
「いただいたサンプルを飲んでみたが、今飲んでいる青汁より美味しい」
「飲みだしてから、お通じがよくなった気がする」などのご感想をいただきました。
今なら、「与那国の三燦青汁」の新発売を記念して、「送料無料キャンペーン」を開催しています。

詳しくは、コチラをご覧下さいませ
⇒⇒ < 
http://www.harvix.co.jp/healthy_foods/present/present_index.htm >


◇ 3、店長の独り言


先日、宮崎県に行ってきました。
何故、宮崎に行ったのか?それは、ある健康食品の原料を製造されている工場を、特別に見学させていただけることになり、行って来ました。

工場などの様子に関しては、ブログ< http://harvix.blog.ocn.ne.jp/tenchou/ >で、
紹介していますので、是非ご覧下さい。

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。


posted by ハービックス at 18:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

Vol.7 「あなたの骨は元気ですか?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、あなたの骨は元気ですか?                     
     ◇ 2、『美味しい青汁!』と評判の「与那国の三燦青汁」          
     ◇ 3、店長の独り言 


1、あなたの骨は元気ですか?


突然ですが、骨の働きをご存知ですか?

骨は、硬い組織として身体を維持する働きと、
体内のカルシウム濃度を維持する2つの働きをもっています。

この2つの働きの内、カルシウム濃度を維持する働きに注目しましょう。

体内にあるカルシウムの99%は、歯と骨に存在します。
そして、骨からは、1日約500mgのカルシウムが溶解します。

溶解したカルシウムの一部分は、骨に戻りますが、骨に戻らなかったカルシウムは、尿や汗として体外に排出されます。
不足したカルシウムは、食事から摂取する必要性があります。

しかし、食事から十分な量のカルシウムが摂取されないと、体内のカルシウム量が不足してしまいます。

特に怖いのが、骨に存在するカルシウムの量が減ることよりも、
血液中のカルシウム濃度が減る事が大変な問題です。

本来、健康な人間の血液には、10mg/dlほどのカルシウムが含まれていますが、この血中カルシウム濃度が30%以上減少してしまうと、痙攣や、心筋の収縮機能などが機能しなくなることがあります。

ですので、血中のカルシウム濃度が低くなると身体は、カルシウムの貯蔵庫として活用されている歯や骨から、カルシウムを必要な分量だけ溶解させ、血中カルシウム濃度を一定量にします。

そうすると、骨のカルシウムが少なくなってくるので、骨密度が低下してしまい、最終的には、『骨粗鬆症』になってしまうことも考えられます。

『骨粗鬆症』は、高齢化社会が進む日本において、
寝たきりになる原因の1つと考えられ、問題視されています。

では、どうすれば、骨のカルシウム減少を抑え、『骨粗鬆症』を予防できるか?

それは、毎日しっかりとカルシウムを摂取することが、大事ではないでしょうか?
カルシウムの1日の必要所要量は、
成人男性で600〜700mg、
成人女性で600mg、
『骨粗鬆症』の患者で800mgといわれています。

しかし、実際摂取できているのは、1日平均530mg程度といわれており、1日の必要所要量には足りていないのが現状です。
ですから、出来る限り、カルシウムの摂取を心掛けて下さい。

カルシウムの吸収率を高めてくれる栄養素として、
必須アミノ酸の「リジン」、
アミノ酸の「アルギニン」、
ビタミンD、
マグネシウムなどがありますので、
カルシウムを摂取する際は、これらの栄養素も摂取することをオススメします。

また、栄養素の摂取だけでなく、運動もしましょう。
運動をする事によって、筋肉が骨に刺激を与えるので、骨量が増加するので、
骨密度が高くなりますので、『骨粗鬆症』の予防につながると思います。

30代〜40代をピークに骨密度は、徐々に低下していくといわれています。
将来の為、今から、骨を元気にする食事や運動も心がけて下さい。

あなたの骨は、元気ですか?


◇ 2、『美味しい青汁!』と評判の「与那国の三燦青汁」


「与那国の三燦青汁」の発売から、1週間が過ぎました。

「与那国の三燦青汁」をお召し上がりいただいた皆様から、
「抹茶風味ので美味しい」、
「青臭くないので飲みやすい」、
「冷たい飲み物にもサッと溶ける所が良い」などのご感想をいただきました。

今なら、「与那国の三燦青汁」の新発売を記念して、
「送料無料キャンペーン」を開催しています。

詳しくは、コチラをご覧下さいませ
⇒⇒ < 
http://www.harvix.co.jp/healthy_foods/syouhin/sansanaojiru.html >


◇ 3、店長の独り言


昼間はまだまだ暑さが厳しいとはいえ、
朝晩は涼しくなってきましたね。
涼しくなってきたので、「濡れタオル」を使っての涼の取り方も今年は終了です。

さて、涼しくなった最近の私のささやかな楽しみは、
窓から入ってくる風の心地よさを肌で感じながらの読書です

今読んでいる本は、「アルジャーノンに花束を」を読んでいます。
この小説は、妻のオススメの小説だそうで、最近読み始めました。

私は本を読むのが遅いので、読み終わるにはもう少しの時間が必要ですが、
毎日、少しづつ読み勧めています。

皆さんの、なにかオススメの書籍はありますか?
なにかオススメがあれば、是非教えて下さいね。
「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。

posted by ハービックス at 18:27| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

Vol.6 「食べれば元気に長生きできる植物?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     
◇ 1、食べれば元気に長生きできる植物?
     ◇ 2、店長の独り言


◇ 1、食べれば元気に長生きできる植物?


処暑(「しょしょ」と読みます)を、過ぎ、暑さも真夏に比べれば、
幾分かは過ごしやすい気候になったとはいえ、まだまだ暑い日が続きますが、
体調など崩されていませんか?

さて、今日は、『1株食べれば1日長生きする』といわれている、
とても縁起の良い植物をご紹介させていただきます。

その植物の名前は、葉の形が牡丹の葉に似ていることから一般に『ボタンボウフウ』と呼ばれています。

『ボタンボウフウ』が自生している場所は、100歳以上の高齢者が元気に毎日を暮らしておられる沖縄県の与那国島です。
与那国島では『長命草(チャーミーグサ・チョウメイソウ)』と呼ばれ、『1株食べれば1日長生きする』といわれています。

『長命草を1株食べれば1日長生きする』といわれている程ですので、お刺身のツマや和え物として、食卓に並んだり、子供の健康祈願の神事に供え物として、神様にささげられたりした植物であり、昔から、与那国島での生活になくてはならない植物として、親しまれてきた植物です。

では、なぜ『長命草』が『1株食べれば1日長生きする』といわれ、親しまれているのか?
その理由は、『長命草』に含まれる栄養素の豊富さが考えられます。

与那国島産の『長命草』には、
ビタミンC、
ビタミンE、
ビタミンB6、
ビタミンAなどのビタミン類、

カルシウム、
カリウムなどのミネラル類、

カロチンなどのファイトケミカル(ポリフェノール類)、
アミノ酸などが豊富に含まれています。

大自然の恵みを受けて育った『長命草』は、これら栄養素が豊富に含まれているため、『1株食べれば1日長生きする』といわれたのではないでしょうか?

皆さんも、与那国島にご旅行に行かれました際は、是非、『長命草』をご賞味されてみてはいかがですか?


◇ 2、店長の独り言


毎日、残暑が厳しいですが、
皆さんは、どのような方法で暑さを紛らわせていますか?

暑いと、少しでも涼しくなりたいので、文明の利器である「エアコン」に頼ってしまいがちです。

また、エアコンばかりに頼っていては、身体の体温調節機能が、うまく働かなくなってしまうので、夏バテ」になってしまうのでご注意下さい。

そこで、今日は私がしている「エアコンを使わない、簡単にできる、暑さ対策」をご紹介致します。

その方法は、古典的ではありますが、タオルを水で濡らしてから、固く絞り、そのタオルを、頭に巻いたり、肩にかけたりするだけです。

固く絞った濡れタオルは、冷たくて、とても気持ちいいですよ。

皆さんも、是非一度、濡れタオルで涼を取ってみてはいかがですか?

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

Vol.5 「血圧を測る時間帯は何時がいいの?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、血圧を測る時間帯は何時がいいの?
     ◇ 2、店長の独り言


◇ 1、血圧を測る時間帯は何時がいいの?



日本中で、一番患者数が多い病気をご存知ですか?

それは、高血圧です。

日本には、高血圧の方は、3,000万人いるといわれていますが、その内の約半数の患者さんしか、医療機関を受診していないといわれています。

また、血圧を上手にコントロールしている患者さんは、4分の1程度ともいわれています。

では、何故、約1,500万人の患者さんは、医療機関を受診しないのか?

高血圧は、放置すると命に関わる病気を併発する恐れのある病気なのですが、
何らかの合併症がなければ、症状がほとんど無いために、医療機関を受診しない方が多いようです。

しかし、最近では、インターネットやテレビなどのメディアによる高血圧に関する情報発信の影響や、
高性能の家庭用血圧計の普及により、以前に比べて、血圧を測る方が増えているようです。

しかし、毎日血圧を測っていても意外と知らないこともあるのではないでしょうか?

あなたは、毎日同じ時間に測っていますか?
あなたは、一日のどの時間帯、どのような体勢で測れば良いか知っていますか?

今回は、血圧の測り方をご紹介致します。

家庭用血圧計も多種多様の製品があるようですが、上腕部で測るタイプがより正確と言われています。
また、血圧は、季節によっても変化しますし、1日のうちでも、昼は高く、夜は低いのが一般的です。

最近の研究では、早朝の血圧が、心臓病や脳卒中に最も関係があるといわれているので、毎日の血圧は、早朝に測りましょう。

その際の、測り方ですが、起床後、排尿をしたあと、5分以上安静にしましょう。
そして、椅子に背筋を伸ばして座り、リラックスして、血圧を測りましょう。
その際、上腕と心臓の高さが同じになるように、椅子や机の高さを工夫して腕を安定させ、肘を伸ばして測ります。

毎日、家庭で測った血圧は、健康を考える上での、
とても大事なデータになるので、ノートに記帳していきましょう。

なぜなら、家庭で測ると正常値内なのに、医療機関で測ると高血圧になる「白衣高血圧」、
また逆の、家庭で測ると高血圧なのに、医療機関で測ると正常値内になる「仮面高血圧」がわかるからです。

「白衣高血圧」は、血圧が正常値の人と比べても、心臓病などのリスクはあまり変わりませんが、
「仮面高血圧」は、常に高血圧の方と比べると、心臓病などのリスクは、同等以上といわれています。

これらの危険な状態が、毎朝、家庭で血圧を測る事により、少しでもリスクを軽減させる事ができるのです。

明日の朝から、血圧を測って、心臓病などの病気の兆候を早期発見し、
健康寿命を延ばしてください。


◇ 3、店長の独り言


先日、中学時代の友人と会いました。
わずかな時間ではありましたが、とても楽しかったです。

残念ながら、それぞれ夜は別の用事がありましたが、それでもなんとか時間に都合をつけて、昼頃に待ち合わせ場所に集合。

お酒を酌み交わしつつではありませんでしたが、それぞれの現状や、仕事の話など、とても楽しい数時間を過ごしました。

皆様は、今年の夏、誰と楽しい時間を過ごしましたか?

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 17:08| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

Vol.4 「夏バテする前に、見直すポイント」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、夏バテする前に、見直すポイント
     
◇ 2、店長の独り言


◇ 1、夏バテする前に、見直すポイント


毎日、暑いですね。

この暑い時期に、元気なものといえば、空気がひんやりとした朝方にキレイな花を咲かせる夏の涼やかさの象徴「朝顔」と、アチラコチラで大きな声で鳴いている、夏の暑さの象徴「セミ」ぐらいでしょうか?

さて、今の時期になってしまいがちな体調不良の代表格といえば、「夏バテ」ですが、皆様は、大丈夫ですか?

「夏バテ」は、暑い屋外と涼しい屋内の温度差の変化によって、身体のリズムが乱れてしまっている状態に、毎日の生活習慣の乱れが重なり、食欲不振等になった状態をいいます。

しかし、夏の暑い盛りになりがちと思われている「夏バテ」ですが、実は、少し暑さが落ち着いた夏の終わりから初秋にかけて、一番症状が強くなるのをご存知でしたか?

今回は、「食欲不振」や「全身倦怠感」を伴う「夏バテ」になってしまう前に、見直すポイントをご紹介致します。

1、適切な食事
毎日の食事は、やはり大事です。
暴飲暴食は、当然の事ながらNG。
ビタミンやミネラルなど、栄養バランスの良い食事を摂りましょう。
また、食欲がない時は、少しずつでもいいので、食べるようにして下さい。

2、水分補給
気温が高いと、汗をかきます。
すると体内の水分量が減り、身体は脱水状態に近くなるので、水分は、積極的に摂りましょう。
日常生活の中での水分補給の際にオススメの飲み物は、ミネラル成分が含まれており、身体を冷やすといわれている「麦茶」や、ナトリウムやカリウムなどの各種ミネラル成分を含む、「青汁」が良いと思います。

3、十分な休養
夏は、長期休暇があるために、夜更かしなど、生活リズムを崩しがちな方が多いようですが、しっかりと身体に休息=睡眠を与えましょう。

4、冷房の上手な使い方
外気との温度差が大きくなると、体力の消耗が激しくなるので、冷房を使用する際は、外気との温度差が5〜6度程度が良いと言われています。
しかし、日中は、気温が40度近い日もあり、温度差を6度としても、快適な温度とはいえない事があります。
そんな時、ついつい室内の温度を下げてしまいがちですが、冷房の効いた室内で一息ついて、ちょうど良いと感じる程度の温度がオススメです。

いかがでしょうか?
今回ご紹介致しました4つのポイントを、毎日の生活の中に上手に取り入れて、「夏バテ」を予防なさってください。


◇ 2、店長の独り言


家に帰ると、いつも元気な長男に、いつもの元気が無い。

今日の午前と午後に、プールで遊んだとの事。
話を聞きながら、ふと長男を見ると、さっきまで起きていたのに、既に寝息を立てて、寝ていました。

今度の休みの日には、子供と一緒に水遊びがしたいので、
子供と一緒に水鉄砲でも買いに行きたいと思います。

「サプリ&アロマショップ ハービックス<
http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。
posted by ハービックス at 18:08| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

Vol.3 「よく噛めば、脳が活性化?」

 ☆★ 今日の健康メニュー ★☆
     ◇ 1、よく噛めば、脳が活性化?
     ◇ 2、店長の独り言


◇ 1、よく噛めば、脳が活性化?


皆様が小さい頃、ご両親さんから「よく噛んで食べなさい」といわれた事、ありませんか?

実は、「よく噛んで食べる」事には、キチンとした意味があったのです。

一般的に「噛む」という行為は、脳を活性化するといわれていましたが、ある実験では、その事が証明されたようです。

その実験は、19〜26歳の若年者31人と、60〜76歳の高齢者57人のグループに分け、ガムを噛む前と、ガムを2分間噛んだ後の脳の活性度を調べた実験です。

両方のグループとも、記憶を司る「海馬」と呼ばれる脳の部分が活性化したそうです。
しかし、若年者の活性化された部分が少ないのに対し、高齢者は、記憶を司る「海馬」だけでなく、知的機能にかかわる「前頭前野」など、様々な部分が活性化したそうです。

世代間の差は、若年者は、視覚や聴覚などの五感が敏感に働き、常に情報が脳に伝達されているので、ガムを噛む程度の刺激では、脳は活性化しないそうです。

一方、高齢者は、五感が衰えていることもあり、ガムを噛むことで情報が脳に伝達され、脳が活性化したと考えられるそうです。

この事から考えると、食事は出来る限りよく噛んで食べる事が大事とわかります。

でも、食事をよく噛んで食べるには、丈夫な良い歯が必要になります。
それには、正しいブラッシングと、歯肉炎や歯周病の原因となる口の中にいる、常在菌の対策など、口腔ケアが大切です。

毎日、ハミガキをしていても、そのハミガキは正しい方法でしょうか?
歯肉炎や歯周病の原因となる口腔常在菌の対策は、正しいですか?
虫歯菌などと一緒に、有用な細菌を殺菌・滅菌していませんか?

毎日3度食べる食事は、元気の源です。
その食事を美味しく食べるためにも、一度、口腔ケアを見直してみませんか?


◇ 2、店長の独り言


私は、今年の夏は、遠出をしません。


なぜなら、今年の4月末に生まれたばかりの次男をつれて遠出をすると、次男が疲れるだろうと考えているからです。

だから、今年の夏は、日が暮れるまで2歳半の長男と、近所の公園や学校の校庭などで、一日中遊ぼうと考えています。

皆様の、今年の夏の連休のご予定はいかがでしょうか?

「サプリ&アロマショップ ハービックス< http://www.harvix.co.jp/ >」店長 岩屋でした。

posted by ハービックス at 18:22| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする